名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
自分の力に合うことだけしろ、
その他の事はおのずと道が開けてくるまで待て。


[ 出典 ]
武者小路実篤[むしゃのこうじ・さねあつ]
(明治〜昭和の小説家・詩人、1885〜1976)

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 生徒の準備ができたとき、先生は現れる。


2. 私はいつも人間を二種類に分ける。それが嘘であることを承知しながら生きるタイプと、誤って本当だと信じながら生きるタイプだ。


3. いかに長く生きたかではなく、いかに良く生きたかが問題である。


4. 大学を出てサラリーマンになる、この一本道だけが進む道だと思うから、就職氷河期だと勘違いする。道なんていくらでもある。会社に守ってもらわないと生活で……


5. ゆだねるべきはゆだね、自らにのみなしうることをなす。指揮官とはそうあるべきだとは思わないか。



6. 働きかけをあきらめることも、場合によっては働きかけそのものとまったく同様の効果をあげるものである。


7. 熱中を得る方法は、自分の手がけている事柄を正しいと信じ、自分にはそれをやり遂げる力があると信じ、積極的にそれをやり遂げたい気持ちになることである。……


8. 運命と戦うことが潔いって思う人と、受け入れることが潔いって思う人がいる。


9. なぜ、わずかな金を出し惜しみして、チャンスを逃さなくてはいけないのか?


10. どんな仕事でも、突き詰めれば突き詰めるほどに難しさが分かってくる。次から次へと壁が現れる。その壁を一つひとつ乗り越えていく。いったいその先には何が……



11. 自分のものにしたいと思う人は、きまって誰のものにもならないような人である。


12. 自分にして欲しいと思うことを、他人にしてあげる。自分にして欲しくないことは、他人にしない。それを行儀作法といいます。


13. 個人も、そして社会も、過去を振り返ってみることで、本当の未来が見えてくる。これから、どうすればいいのか。何がしたいのかが分かってくる。


14. 呪われた宿命を背負っている女の子ほど可愛いものは無い。


15. 孤独でないと、ものは書けない。



16. 教師が間違えるまでは、誰も真剣に授業を聞いていない。


17. 逆境における仲間は、苦難を軽くする。


18. ほとんどの人が機会を逃してしまうのは、その機会が作業服をまとって、いかにもありきたりの仕事に見えるからだ。


19. 自分は正直なつもりであろうが、実はそんな人間が一番不正直な人間であろう。


20. 幸福も不幸も、あなたの言葉の使い方次第で決まります。