名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
学ぶに暇なきと言う者は暇ありと言えども学ばず。


[ 出典 ]
『淮南子(えなんじ)』
(中国・前漢時代の哲学書)
※著者は劉安[りゅうあん](中国前漢時代の皇族・学者、前179〜前122)

[ 別表現/別訳 ]
〈原文〉
学ぶに暇あらずと謂(い)う者は、暇ありと雖(いえど)もまた学ぶことあたわず

[ 意味 ]
学びたいが学ぶ暇が無いと言う人は、暇があっても学ぼうとはしないものだ。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 結婚前の女と結婚後の女は同じ女ではない。
(夏目漱石)


2. もし意識の行き場がなくて苦しいときは、大いなる想像力で自分はどんなときも自然に抱かれていると思うことだ。そのとき人は、孤独であっても豊かになれる。
(齋藤孝)


3. 好きなことに情熱を注いで、人生を生き切ること。(そこに幸福がある) 
(水木しげる)


4. どう思われていようと自分の人生を追い詰めてゆきたい。
(孫正義)



5. 智慧(ちえ)の実を食べると、人間は、笑いを失うものらしい。
(太宰治)


6. うつむいて しかられぶりの よい女房
(古川柳)


7. あなたの敵を許しなさい。だが、その名前は決して忘れるな。
(ジョン・F・ケネディ)



8. 子供は、引け目を感じながら育つと、罪悪感を持つようになる。
(ドロシー・ロー・ノルト)


9. 自分が苦しい時は、ライバルもまた苦しいのです。そう思うと、いたずらに苦しんで走ることの無意味さがわかります。自然のまま、静かに走ることで、闘志の燃焼をさらに深められるようになったのです。
(瀬古利彦)


10. 私の人生の宝は3つあります。それは、@家が貧しかったこと、A体が病弱だったこと、B小学校しか出てなかったこと。何故、宝かと言うと@があったから心から豊かになりたいと思ったし、世の中から貧乏を無くし……
(松下幸之助)