名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
もし何かしら煩悶があるとすれば、自分が分不相応のことを考えていることに気づきなさい。


[ 出典 ]
中村天風[なかむら・てんぷう]
(明治〜昭和の思想家、日本初のヨーガ行者、1876〜1968)

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. わが抱(いだ)く思想はすべて 金(かね)なきに因(いん)するごとし 秋の風吹く
(石川啄木)


2. どの時代にもそれぞれの課題があり、それを解くことによって人類は進歩する。
(ハイネ)


3. 法律の終わりは圧制の始まりである。
(ウィリアム・ピット)


4. たえず続く夢というものはありません。どんな夢でも新しい夢に代わられます。どんな夢でも固執しようとしてはなりません。
(ヘルマン・ヘッセ)



5. 分別過ぐれば、大事の合戦は成し難し。
(黒田孝高)


6. 自分のために取っておいたものは失われ、誰かに与えたものは永遠に自分のものとなるだろう。
(アクセル・ムンテ)


7. 神への道はいくつもある。
(オマハ族の格言)



8. すべての母親はハンディキャップがある。なぜなら、手が二つしかない。
(西洋の格言)


9. 「自由という両刃の剣」を与えられた女性たちは、「選択の自由」を持たなかった時代とはまた違った意味の葛藤に苦しんでいる。
(青柳いづみこ)


10. かなしみはちからに、欲(ほ)りはいつくしみに、いかりは智慧(ちえ)にみちびかるべし。
(宮沢賢治)