名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
学問上の「達成」は常に新しい「問題提出」を意味する。
それは他の仕事によって「うち破られ」、時代遅れとなることを自ら欲するのである。
学問に生きる者はこの事に甘んじなければならない。


[ 出典 ]
ウェーバー
[マックス・ウェーバー、マックス・ヴェーバー]
(19〜20世紀ドイツの社会学者・経済学者、1864〜1920)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. イタリアやフランスで暮らしていたことがあるんだけど、一番やさしいコミュニケーションの方法はやっぱり音楽だった。
(スティーヴ・フェローン)


2. クリスチャンだから罪を犯さないという事はありません。かえって僕のようにたくさんの欠点をもっていて、罪を犯してばかりいる悪徳者こそ、クリスチャンの選手になるのです。
(太宰治)


3. 鼻風邪は、思想なんかよりずっと多くの苦痛を与える。
(ルナール)


4. 親にも他人にも愛されずにきた孤独な人は、誰かからほんの少し愛されたり優しくされただけでも、大変な喜びを感じたり、有難味を、また幸福感を味わうことができるのです。
(美輪明宏)



5. 人生すべからく、うぬぼれをもつべし。
(広津和郎)


6. 我々は我々自身をはめこむことのできる我々の人生という運行システムを所有しているが、そのシステムは同時にまた我々自身をも規定している。それはメリー・ゴーラウンドによく似ている。
(村上春樹)


7. (ソフト産業は)無謀でなく乱暴に。
(堀威夫)



8. 彼の道は、円形を描いて進んだ。楕円形、あるいはラセン形、あるいは他のどんな形であったにせよ、直線形でないことだけは確かだった。直線は明らかに幾何学にだけあるもので、自然や生活にはなかった。
(ヘルマン・ヘッセ)


9. 自分が輝ける場所に行け。もっと自分中心に考えていい。
(本宮ひろ志)


10. 私は教師。私は戦士。競争、否定、恐怖、偏見、無知、無関心を敵にまわして戦う毎日。
(ジョン・W・シュラター)