名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
自分の心を支配できぬ者に限って、とかく隣人の意思を支配したがるものだ。


[ 出典 ]
ゲーテ
[ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ]
(18〜19世紀ドイツの詩人・小説家・劇作家、1749〜1832)
『ファウスト』
(名言訳:ながれおとや)

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 人間は、負けるとわかっていても、戦わねばならない時がある。だから、たとえ負けても勝っても、男子は男子なり。勝負をもって人物を評することなかれ。


2. 許すはよし、忘れるはなおよし。


3. 幸福な貧乏人もいれば、不幸な金持ちもいる。結局は自分が置かれた状態の中で、幸せは作りだすことができる。


4. 伝記は断じて小説化になってはならないが、つねに小説的であるべきだ。


5. 私は私自身の証人である。



6. すべては、リーダーの一念と行動から始まる


7. 渦巻き自身には自分の形が見えない。向こう岸から観察すれば、同じ所をぐるぐる回っているのが分かる。少し離れて冷静に物事を見れば、真実の別の姿が見える……


8. 人間窮すれば通ずるものだ。手が使えなければ足を使う。足が使えなければかみついても試合はできる。


9. 天下は天下の人の天下にして、我一人の天下と思うべからず。国も又、一国の人の国にして、一人の国にはあらず。


10. (相手のことを)「好きじゃあ」という気持ちを持っていれば表情もよくなってくる。人がおつきあいする上でとても大事なことなのです。



11. 汝の愛するものを仕事に選べ。そうすれば生涯一日たりとも働かなくてすむであろう。


12. この世は、考える者にとっては喜劇であり、感じる者にとっては悲劇である。


13. 私にとってこの世の中の現実は、眠りの中の夢の連続でもあり、また、眠りの中の夢は、そのまま私の現実でもある。


14. 素純なものは、粗野なうちにも尊いところがあり、技巧の多いものほど、ながく親しみをつづけ難い。


15. どんなことでも、大きいことでも、小さいことでも、名誉と良識とが命ずるとき以外は、断じてゆずるな。力に対し、ことに敵の圧倒的優勢な力に対しては、断固……



16. 人間である限り、欲望を持たぬ者はいない。しかし、その欲望は小さな私欲ではなく、国家や社会に利福をもたらす大きな欲望でなければならない。


17. 苦しい目に遭うと、どうしても「なんで俺だけがこんな苦労を…」って思っちゃうけど、そんなことないね。みんな、あるの。死ぬまであるもんなの。だいたい苦……


18. 頭をもたげよ、而(しこう)して視よ、而して求めよ。


19. 人生実に測るべからざるものなり、人生実に知るべからざるものなり


20. 一頭の羊が歩きだす方向へほかの羊もついていく。おまえは羊を一頭、群れから引き離そうとしたことがあろう? たやすいことか? むずかしい。ほかの者たち……