名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
肩書に寄ってきた「晴天の友」だけでなく、苦しいときにも声をかけてくれる「雨天の友」を大事にしよう。


[ 出典 ]
作者不詳
雑誌『プレジデント』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 人生における今日は、いつも過ごしてきた過去の集積であり、いつも未来の一片である。


2. 苦しみを解消するには時間がかかる。その前に大切なのは和らげることである。


3. 主義が重荷になって、海の底へ沈むより、日和見を決め込んで、波間に浮かんでいたほうがいい。


4. どんなに進歩した国でも、一歩誤れば、ただちに野蛮時代に退化する。(中略)国民も金属のように表面だけしか輝いていない。


5. 経済的な自由なくして自由は存在しない。飢え死にしかけている人間を自由だと呼ぶのは、すなわち、彼を軽蔑することだ。



6. 切り札は先に見せるな。見せるなら、さらに奥の手を持て。


7. 瞬間でもない、永劫でもない、過去でもない、一日がひとの人生をきざむもっとも大切な時の単位だ。


8. 無難を好む担当者から待ったをかけられ、会心のコピーが凡作に終わることがある。そんな企業は、これはという新製品が出ない。同じ力学が働くのでしょう。


9. (生き方が)グニャグニャ曲がりくねっててもいいじゃねーか。そうしてるうちに、絶対譲れねー一本の芯みてーなもんも見えてくんじゃねーか。


10. 若ェ奴がバカにしか見えねェ。でも俺たちだってバカだと思われていたに違いねェよなァ。



11. 本当の愛を手に入れたいのならば、許すことを知りなさい。他者を、そして自らを。


12. 人生は予測がハズレることもある。でも、ハズレることで視野というのは広がるものです。


13. 敗者は一生懸命やらない。


14. いやなコトのために、いい思い出を捨てちゃもったいないよ。


15. 失敗することを恐れるよりも、真剣でないことを恐れたい。



16. (社員や部署の失敗やミスに対する望ましい反応は、)「だれがやったのか?」ではなく、「どうして、そんなことになったのか?」 「どうすれば事態を収拾で……


17. サラリーマンって長い間にいろいろあるものね。失敗していつまでもしょんぼりしているのはダメ。しょうがないや、と、やけ酒飲んで明日からもういっぺん、元……


18. 上司と反(そ)りが合わないからといって、下がそっぽを向くのは絶対にいけない。上を立てるという気持ちがないと、組織なんて成り立ちません。ケンカ別れで……


19. 資本主義が進展すると共に、手段としての財力が強くなり、人間のほうが財の手段となり、人間が機械の奴隷にされるという傾向が生じてくる。


20. 幸せっていうのは楽をすることじゃなくて、満足をすることなんだよ。満足できるように生きていきなよ。