名言ナビ


名言ナビ名言格言辞典

[ 名言 ]
誰か過去をほめず、現在をののしらない老人を見たことがあるか。
彼らはみな自分の悲惨と悲哀を世の中のせい、人々の考え方のせいにしている。


[ 出典 ]
モンテーニュ
[ミシェル・ド・モンテーニュ]
(16世紀フランスの思想家・哲学者・モラリスト、1533〜1592)

[ 意味 ]
老人はみな、過去を素晴らしいものだったとほめ、現在をののしる。
そして、自分の置かれた悪い状況を世の中や世の人々のせいにする。

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]