名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
流れに逆らおうとしたところで無駄なことだ。
流れに身をまかせれば、どんなに弱い人でも岸に流れ着く。


[ 出典 ]
セルバンテス
[ミゲル・デ・セルバンテス]
(16〜17世紀スペインの小説家、1547〜1616)

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
流れに逆らおうとしたところで無駄なことだ。
流れのままになっておれば、どんな弱い人でも港に流れ着くものだ。

(ver.2)
流れに逆らおうとしたところで無駄なことだ。
流れのままにおれば、どんな弱い人でも港に流れ着く。

[ 関連名言ツイッター]
海の名言
総合編

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. なにがしあわせかわからないです。ほんとうにどんなつらいことでも、それがただしいみちを進む中でのできごとなら、峠の上り下りもみんなほんとうの幸福に近づく一あしずつですから。


2. 明日という別の日があるわ。


3. 「不幸や不運には必ず意味がある」とでも思わなきゃ、人間やってられない。


4. いつも明るく満ち足りて溌剌(はつらつ)としている人ほど魅力的なものはない。雇いたくなる人物はいない。


5. 多数の勢いは常に最良なるものを凌ぐものである。



6. 一人殺せば悪党で、百万人だと英雄だ。数が殺人を正当化する。


7. どちらとも決めかねることがあったら、眠っている間に潜在意識に指示してもらえ。


8. 人生はむつかしく解釈するから分からなくなる。


9. 人間は幸せを前にすると急に臆病になる。幸せを勝ち取ることは、不幸に耐えることより勇気がいる。


10. 私たち一人ひとりの内側にはひそやかな声があり、コオロギの歌のように、繰り返し、繰り返し、どうすべきかをささやく。



11. 人生を歩むうち、わたしには一つの事がますます明らかになってきた。それは、開かれた心を失わないことが人間にとって何よりも大切だということである。正しく開かれた心はもっとも貴重な人間の財産である。


12. 種に良し悪しはない。大事なことは、まだ小さい苗の時に、自分はどんどん生長しても必要なものは充分与えられるんだという安心感があること。


13. 危険は、生きる上での活力源


14. 私の気持ちは私にしか分らないんだから、だから、誰も分ってくれなくていい。ずっとそう思ってきました。でもほんとは、ほんとは誰かに気付いて欲しかった。


15. 小さなことの積み重ねでしか、大きな差別化って生み出せない、って思うんですよ。



16. 新幹線のように走ることも結構だが、それよりもむしろ、少々のことがあってもへこたれない、仮に難しい問題に直面してもニコッと笑って引き受け、充分耐えていけるようになることだ。


17. 他人の考えで正解するより、自分で考えて間違うほうが、楽しい。


18. 幸せは、開けっ放しにしたのを君が忘れていたドアから、こっそりと入ってくる。


19. できあがった知をもらうことが学ぶことではなし、できあがった知を与えることが教えるということでもなかろう。質問する意志が、疑う意志が第一なのだ。


20. 追いつめられると、ひとは夢でもいいから光をどこかに求めたくなる。