名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
戦いは五分(ごぶ)の勝利をもって上(じょう)となし、七分を中となし、十分(じゅうぶ)をもって下(げ)となす。
五分は励みを生じ、七分は怠りを生じ、十分は驕(おご)りを生ず。


[ 出典 ]
武田信玄[たけだ・しんげん]
(戦国時代の武将、甲斐国の戦国大名、1521〜1573)

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
戦いは五分の勝利をもって上となし、七分を中となし、十分をもって下となる。
五分は励みを生じ、七分は怠りを生じ、十分はおごりを生ず。

(ver.2)
およそ戦というものは、五分をもって上とし、七分を中とし、十分をもって下とす。
五分は励みを生じ、七分は怠りが生じ、十分は驕りを生ず。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]

1. 貧乏のいいところは、泥棒の恐れがないことだ。
(アルフォンス・アレー)


2. 感動するということは、共感するということに他ならないからだ。だから、ある天才の仕事に感動できるとしたなら、君は、天才だ。天才が何をしようとしていたのかを理解できるなら、君は天才だ。天才を理解できる……
(池田晶子)


3. 深刻なふりはできるが、人を楽しませるふりはできないものだ。
(サシャ・ギトリ)


4. 多言は身を害す
(ポルトガルのことわざ)



5. 最高経営責任者が、社員の信頼と尊敬を勝ち得るには時間がかかる。
(アニータ・ロディック)


6. おもしろいことは、あちこちに転がっている。努力してそれを探すと、人生はもっとおもしろくなる。仕事についても似たようなことが言える。
(弘兼憲史)


7. 実に多くの日本人が、才能と知能に恵まれながら、賢くなくなったのは、叡知の源である貧困を取り上げられたからかもしれない。
(曽野綾子)



8. 思想が心をつくる。心が行動に反映し生きざまになる。人の生きざまが人格を形づくり、人格が運命をつくるようである。
(船井幸雄)


9. 上ともやり下ともやりして、縮んでみたり伸びてみたりして、だんだん上達していくのだ。
(升田幸三)


10. ホームインするには、一塁、二塁、三塁とベースを踏んでいかなくてはならない。
(ベーブ・ルース)