名言ナビ


名言ナビ名言格言辞典

[ 名言 ]
いずれサ、他人の飯をたべねばネ、他の想像がございませんのさ。


[ 出典 ]
式亭三馬[しきてい・さんば]
(江戸時代の戯作者、1776〜1822)
『浮世風呂』

[ 意味 ]
他人の下で働いたり、修行したり、学んだりする経験をしないと、世間が広がらず、想像の範囲も狭いままである。

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]