名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
善意、純情の犯す悪ほど困ったものはない。
第一に退屈である。
さらに最もいけないのは、彼らはただその動機が善意であるというだけの理由で、一切の責任は解除されるものとでも考えているらしい。


[ 出典 ]
中野好夫[なかの・よしお]
(英文学者、評論家、1903〜1985)
『悪人礼賛』

[ ジャンル別名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
善意、純情の犯す悪ほど困ったものはない。
第一に退屈である。
さらに最もいけないのは、彼らはただその動機が善意であるというだけの理由で、一切の責任は解除されるものとでも考えているらしい。


かりにぼくがある不当の迷惑を蒙ったと仮定する。
開き直って詰問すると、彼らはさも待っていましたとでもいわんばかりに、切々、咄々としてその善意を語り、純情を披瀝する。
驚いたことに、途端にぼくは、結果であるところの不当な被害を、黙々として忍ばなければならぬばかりか、おまけに底知れぬ彼らの善意に対し、逆にぼくは深く一揖して、深甚な感謝をさえ示さなげればならぬという、まことに奇怪な義務を員っていることを発見する。
驚くべき錦の御旗なのだ。


[ ランダム名言 ]