名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
健康であるために必要なことは何かというと、栄養であるとか、休養とかいろいろあるが、特に大切なのは「心の持ち方」です。
命をかけるというほどの熱意を持って仕事に打ち込んでいる人は、少々忙しくても疲れもせず、病気もしないものです。


[ 出典 ]
松下幸之助[まつした・こうのすけ]
(松下電器産業創業者、1894〜1989)

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
いかにすぐれた才能があっても、健康を損なってしまっては十分な仕事もできず、その才能もいかされないまま終わってしまいます。
__ Link __

では、健康であるために必要なことは何かというと、栄養であるとか、休養とかいろいろあるが、特に大切なのは「心の持ち方」です。
命をかけるというほどの熱意を持って仕事に打ち込んでいる人は、少々忙しくても疲れもせず、病気もしないものです。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. たまには、自分らしくないことをやれ!


2. この世は一つの劇場にすぎぬ。人間のなすところは一場の演劇なり。


3. あらゆる知識が、やがては間違った知識となる。


4. 生きるのがつらいのは、あなたのせいではありません。


5. 虚栄は人間の心の中に深くいかりをおろしているので、軍人も兵卒もコックも人足も、それぞれ自慢する。



6. 人間の魂はいずれも、善と悪とが支配権を争って絶えず戦っている、精神的戦場である。


7. 人は、自分が助けを必要としていることを認めたときから、成功への道を歩み始める。


8. 人生から返ってくる球は、いつかあなたが投げた球。


9. 愉快な快楽に溺れて、楽ばかりしている怠け者は、やっぱり貧乏をしています。


10. 昔の夢に寄りかかったり、くよくよすることは、現在を侮辱し、己を貧困化することにしかならない。



11. 会社で嫌われる、隣近所でも嫌われる、そんな人は家族にも嫌われるんだよ。


12. 妻と書く つもりが毒と 書いちゃった


13. 永遠平和などというものは、永遠のユートピアである。なぜならそれは、苦悩や危険と分かちがたく結びついた人間生活を動かすぜんまいを、破壊しようと志すこ……


14. 人は誤ったことを言うべきにあらず。ただし、真実なことは黙すべからず。


15. 常に将来へのビジョンを描いておけ。それが人々に希望を植えつける。



16. 明日できることは今日やるな。


17. 人間のすることに、いちいちわけがなくちゃならないってことはないんじゃないか。お互い人間てものは、どうしてそんなことをしたか、自分でもわからないよう……


18. 仕事が好きで、かつ楽観的であれば、それだけで組織の空気は違ってくる。


19. 時間は時間から生まれた子供たちを飲み込む。悩みも時間の子であって、悩みが永遠を僭称(せんしょう)するのは、まやかしにすぎない。


20. 明君良将というは、人のなすところの善き事を取り用いて国を治めり