名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
僕は二つの悲しみがあっても一つの喜びのために生きています。
いや、僕は二つの悲しみがあっても、二つの喜びに変えてしまいます。
楽しく行きましょう。
楽しく生きましょうよ。


[ 出典 ]
村崎浩史[むらさき・ひろし]
(長崎県大村市議会議員、1980〜)

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]
悲しみ
喜び
楽しく生きる

[ 全文・続き ]
〈全文〉
僕は二つの悲しみがあっても一つの喜びのために生きています。
いや、僕は二つの悲しみがあっても、二つの喜びに変えてしまいます。
楽しく行きましょう。
楽しく生きましょうよ。
__ Link __

難しく考えちゃダメ!
いつ死ぬか分かんないんだよ。
落ち込んでる暇はない。
持ち時間が分かんないんだよ。
このゲームは。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 安禅は必ずしも山水を須(もち)いず。


2. 生きるとは何のことか――生きるとは、死にかけているようなものを絶えず自分から突き放していくことである。


3. 自ら思うところを述べる勇気をもたねばならない


4. 水にぬれなければ およげませんよ


5. 人生には楽園が必要だ。



6. 人間てね、実際にやられる恐怖には耐えられるの。でもね、「やられるかもしれない」という不安、絶えられないのはこっちなのよ。


7. 年齢を重ねるとNG項目が増えてきちゃって、もう妥協できない。


8. あなたが本当にお金と仲良しになれば、あなたはいつでもそれを余るほど持てるでしょう。


9. 短所は気にせず、長所だけを伸ばしていく。そうすれば、短所などどうでも良くなってしまう。


10. 感動というものは、お金を出したって買えるものではない。



11. テクニックではなくて、真心ではないでしょうか。真心があれば、テクニックは後からつきます。でも、真心は後からはなかなかつくものではありません。


12. 時は得難くして失い易し。


13. 毎日毎日100点を取ろうとしたら持ちません。長続きさせようと思ったら、毎日落第しないことのほうが大事です。


14. 恋人も作らずに女を知ろうなどというのは、ちょうど釣り人が糸を振り回しただけで魚を知った気になるようなものである。


15. よもや他人の迷惑にはなるまいと思っているときに、他人の迷惑になっていることがよくあるものである。



16. 女の人はね、一軒の家(うち)に例えれば、土台石(いし)だよ。


17. 登れば登るほど、(登山の)旅は苦しさを加え、頂上は雲のかなたに隠れてしまう。しかし登山には、苦労に値する喜びや満足がある。


18. 心掛(が)かりは、足掛(が)かり


19. 人が感じる孤独感の中でもっとも苛酷(かこく)なものは、自分が世界と切り離されている感覚だ。


20. 誰かに起こりうることは、誰にでも起こりうることである。