心を楽しませる】 【心の楽しみ
心楽しむ】 【心の鍛錬】 【心に達する】 【心に頼らない
心に尋ねる】 【心の敵】 【心の天気】 【心に照らす
心の扉】 【心の扉を開ける】 【心の扉が開く
心の扉を開く】 【心の扉の開閉】 【心の扉が閉まっている
心の扉をたたく】 【心に届く】 【心に届く言葉
心に届く歌】 【心にとどめる】 【心のトゲを抜く
心にトゲが刺さる】 【心を閉じる】 【心を閉じている
心が融け合う】 【心を解き放つ】 【心を解きほぐす
心がときめかない】 【心にとめる】 【心の灯火
心をとらえる】 【心にとらわれる】 【心が年をとる
心が整えられる】 【心が整う】 【心を閉ざさせる
心を閉ざす】 【心がついて行かない】 【心の疲れ
心を使う】 【心に使われる】 【心に突き刺さる
心に突き刺さる一行】 【心を突き動かす】 【心を作る
心に積もる】 【心をつなぐ】 【心がつらい
心の釣り合わない結婚
心を伝え合う】 【心を伝える
心に伝わる】 【心を慎む】 【心が通じ合う】 【心が通じる
心が強い】 【心の強い人】 【心が強くなる
心を強くする】 【心を強く保つ】 【心の強さ】 【心を奪う
心を奪われる】 【心の内】 【心を打ち明ける】 【心の内側
心を打ちひしぐ敗北】 【心を打ち込む】 【心に植えつける
心が動かない】 【心が動かない(動じない)
心を動かさない】 【心が動かされない】 【心を動かされる
心を動かす】 【心の動き】 【心が動く】 【心に浮かべる
心に浮かぶ】 【心に浮かんだ言葉】 【心が受け入れる
心に受けた衝撃】 【心を受け取る】 【心が生まれる
心を埋める】 【心の膿】 【心の潤い】 【心を失わない
心を打つ】 【心を打つ言葉】 【心を打つ行為
心の美しい人】 【心が移り変わる】 【心を映し出す
心を映し出す鏡】 【心を映す】 【心の器】 【心に訴える
心に訴える言葉
心のわだかまり】 【心は独自の世界
心は広い】 【心の若さ】 【心の若さを保つ
心は崩れない】 【心を忘れる】 【心は玉手箱】 【心は弱い
心の煩い】 【心を煩わせる】 【心を決める】 【心を照らす
心に宿る】 【心の病】 【心の闇】 【心が病む
心の病んだ人】 【心やり】 【心優しい】 【心優しい男
心を養う】 【心が休まる】 【心を休める】 【心の安らぎ
心が安らぐ】 【心安らか】 【心を和らげる】 【心が和らぐ
心の柔らかい部分】 【心が呼ばないもの】 【心の汚れ
心の汚れを流す】 【快い】 【快い愛情】 【快い雰囲気
快い芸術】 【快い方法】 【快い言葉】 【快い眼差し
快いもの】 【快い眠り】 【快い体験】 【快い喜び】 【快く
快く援助】 【快く迎える】 【快くない】 【快くない言葉
心を良くする
快く受け入れる】 【快く受け取る
心を読み取る】 【心を読む】 【心のよりどころ
心を喜ばせる】 【心の喜び】 【心が喜びで満たされる
心を寄せる】 【心の養生】 【心が弱い】 【心の弱い人
心の弱さ】 【心の余裕】 【心の余裕がない
心をゆだねる】 【心がゆがむ】 【心が愉快】 【心ゆくまで
心ゆくまで味わう】 【心ゆくまで考える
心ゆくまで眠れる】 【心の揺らぎ】 【心が揺らぐ
心を揺らす】 【心の揺れ】 【心が揺れる】 【心が揺れ動く
心を揺り動かす】 【心のゆるみ】 【心がゆるむ
心を許さない】 【心を許す】 【心を揺さぶる
心を揺する】 【心が豊か】 【心が豊かになる
心を豊かにする】 【心の豊かさ】 【心のゆとり
心にゆとりを持つ】 【】 【志の味】 【志がある
志はエネルギー源】 【志を果たせない】 【志が低い
志のために生きる】 【志を言う】 【志が卑しい

志の持続】 【志を決める】 【志を曲げる
志のままに生きる】 【志を守り抜く】 【志を守る
志を見上げる】 【志を持ち続ける】 【志を持たない
志を持つ】 【志がない】 【志を追い求める】 【志が大きい
志が定まらない】 【志が定まる】 【志がしぼむ
志を信じる】 【志を捨てない】 【志が高い】 【志を託す
志を立てる】 【志を貫く】 【志を受け継ぐ】 【志を売る
志を失わない】 【志の美しさ】 【志す】 【心づかい
心づもり】 【心強い】 【孤高】 【孤高の人】 【孤高を堪能
ここぞという時】 【心から認める】 【】 【】 【黒板
告知】 【国土】 【克服】 【克服できない
克服できない困難】 【克服できないこと(対象)
克服できないことはない】 【克服できない問題
障害できない問題】 【克服できる】 【克服できると信じる
克服する喜び
国外】 【国語】 【国語を固める
国語を教える】 【告白】 【告白を免れる】 【告発】 【国宝
国法】 【酷評】 【酷評を冷静に受け止める】 【刻一刻
刻一刻は長い】 【刻印】 【国事】 【黒人】 【黒人と白人
国事の運営】 【刻々】 【刻々と近づく】 【刻々の思い
刻々の動き】 【国民】 【国民に謝る】 【国民を馬鹿にする
国民の独立】 【国民の奴隷】 【国民の同意
国民による否認】 【国民が滅びる】 【国民の偉大さ
国民の自由】 【国民の浄化】 【国民の価値】 【国民感情
国民が幸福でない】 【国民が幸福になる】 【国民のレベル
国民を守る】 【国民が学ぶ】 【国民を導く】 【国民の魅力
国民に認められる】 【国民の模範】 【国民のモラル
国民の無反省】 【国民の無自覚】 【国民の無気力
国民の無責任】 【国民のリストラ
国民性
国民性を圧倒】 【国民性による説明】 【国民生活
国民の精神】 【国民を支配】 【国民による信頼
国民からの信頼がない】 【国民のため】 【国民的道徳
国民を統治する法律】 【国民を作る】 【国民が悪い
国民全体】 【国民を怒らせない】 【穀物】 【穀物の粒
国王】 【国王を改善】 【国力】 【国力の養成】 【国際舞台
国際人】 【国際化】 【国際関係】 【国際交渉に弱い
国際競争力】 【国際社会】 【国際社会の秩序】 【国際的
国際的な謀略】 【国際的な感性】 【国際的名声
国際的な仕事】 【国際的に通用】 【国政】 【国籍
国籍を変える】 【酷使】 【幸運は汗への配当】 【顧客
顧客のありのまま】 【顧客に合わせる
顧客中心に考える】 【顧客は誰か】 【顧客を選ぶ
顧客の現状】 【顧客の反応】 【顧客の居る場所
顧客と時間を過ごす
顧客の価値観の変化
顧客が価値と見なすもの】 【顧客を変える】 【顧客を確保
顧客を獲得】 【顧客に還元】 【顧客からスタートする
顧客が買う】 【顧客が買うもの】 【顧客に聞く
顧客が決める】 【顧客の気持ち】 【顧客の声
顧客の声に敏感】 【顧客の満足】 【顧客満足度
顧客を満足させない】 【顧客のメリット
顧客の求めるもの】 【顧客のニーズ
顧客のニーズに敏感】 【顧客のニーズの充足
顧客ニーズへの対応】 【顧客への貢献
顧客の認識の変化】 【顧客の利益】 【顧客を理解
顧客との信頼関係】 【顧客から信頼される】 【顧客の消費
顧客の創造】 【顧客の立場】 【顧客のため
顧客への提案】 【顧客の所に出かけて行く
顧客をつかむ】 【顧客を作る】 【顧客の欲求
根拠がなくなる】 【故郷】 【故郷の破壊】 【故郷の人
故郷に帰る】 【故郷を求める】 【故郷に錦を飾る
故郷の喪失感】 【故郷の土】 【呼吸】 【呼吸を増やす】 【